命を蝕む糖尿病に警鐘が鳴る|現代人の甘い罠

医者

恐ろしい生活習慣病対策

看護師

健康診断は重要

糖尿病は重症化すると失明したり、人工透析が必要なったりする恐ろしい病気ですので、初期段階で対策を講じる必要があります。糖尿病の代表的な初期症状は、口渇や多尿、体重減少、体力低下、疲労感等です。ただ、これらの症状は、言うまでもなく、糖尿病特有の症状というわけではないのです。口渇や多尿は、ちょっとした環境の変化で起こります。ダイエットをしていれば、体重減少は成果です。そして、体力低下、疲労感を感じて、まず多くの人が考えることは年齢的なことです。よって、症状から糖尿病を自覚することは、難しいことなのです。しかし、血液検査の血糖値の数値を見れば、明らかに判明します。従って、健康診断は非常に価値のある検査なのです。仕事が忙しいくて、健康診断を受けずにいる人はいます。また、自営業等で健康診断を受ける機会がないという人もいます。そういった人は高い確率で重症化してしまいますから、積極的に健康診断は受けるべきです。

生活習慣を改善

糖尿病は生活習慣病ですから、講じるべき対策は生活習慣の改善です。医療機関を受診したとしても、重きを置かれるのは生活習慣の改善となります。では、どういった生活習慣を改善すれば良いのかというと、まずは食事です。糖尿病の大敵はカロリーですので、高カロリーではなく、低カロリーの食べ物、飲み物をとるように心がける必要があります。また、規則正しい食事はカロリーを抑える効果がありますので、きちんと3食、食べることも重要となります。そして、体を動かすことも大事です。ジョギングやウオーキング程度の運動を、日常的に行うことで十分です。もし、それもできないようでしたら、車やエレベーター等を使わずに歩くといったことで、運動不足を解消すべきです。これらの生活習慣の改善は、糖尿病に限らず、他の病気にも有効ですから、とても有意義なことです。

ステージで異なる手術

女性

十二指腸がんの外科手術は、まずは内視鏡による手術です。がんが進行していくと開腹手術を行います。リンパ節への転移の可能性も考えてリンパ節も切除します。他の臓器にまで転移すると放射線療法と薬物療法になります。ステージ毎に生存率が異なるので、早い段階で手術を行うことが望ましいです。

詳細

外科手術で治療

カウンセリング

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染によって発症します。30歳から50歳までの女性に多いです。検査方法は段階的に行われます。治療法方は外科手術、放射線療法、抗がん剤による治療があります。初期症状はほぼ外科手術です。

詳細

足の血管が気になる病気

病棟

下肢静脈瘤は、足の静脈が太くなってコブのように浮き出す病気です。見た目が悪いだけでなく、足の血管がうっ血することによってさまざまな症状が出ます。初期の段階で、弾性ストッキングなどを履いて直す方法があります。

詳細