外科手術で治療|命を蝕む糖尿病に警鐘が鳴る|現代人の甘い罠

命を蝕む糖尿病に警鐘が鳴る|現代人の甘い罠

病棟

外科手術で治療

カウンセリング

子宮頸がんとは子宮がんの1つであり、子宮の入口付近の子宮頸部で発生します。他の子宮がんと比較して発見しやすい部位にありますので、早期発見の確率が高いです。子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルスの感染によるものがほとんどです。統計的には全体の9割以上になります。発症する年齢としては30歳から50歳に集中しています。高齢者は比較的発症しにくいがんです。検査方法としては、細胞診という検査があります。まずこの検査でがんがないかどうかを確認して疑いがある場合には、コルボスコープ検診などの精密検査を行います。がんを確認することができれば他の部位に転移していないかCT、MRI、超音波検査なども実施します。

子宮頸がんの治療方法としては外科手術が代表的なものになります。がんの病巣と転移した転移巣も直接切除します。ただし、急にすることができるものではありません。内科による治療では対処することができないと判明して初めて行われるものです。また、外科手術を行うことで患者の生命が改善される可能性が高いかどうかも手術が行われる目安になります。がんがあまりにも他の臓器に転移していて物理的に切除することが難しい場合は外科手術を行うことはできません。そのため、比較的初期の子宮頸がんに対して行われます。がんが進行している場合は、抗がん剤や放射線療法などが行われます。できるだけ早期に発見して外科手術で治療することができれば理想的です。